2017年10月27日

ギアフェス2017・インフォメーションⅠ



ギアフェス2017・インフォメーションⅠ



装備好きゲームイベント「ギアフェス2017」開催当日のカギを握る「5大キーワード」が発表。11/1受付開始。

http://news.militaryblog.jp/web/GEAR-FES-2017-Additional-Information.html


ギアフェス2017の協賛でもあるミリタリーブログさまに

ニュースで取り上げていただいております。ありがとうございます!

大変長らくお待たせいたしましたがギアフェス2017の協賛さまも出揃い

開催準備はこれからが正念場といったところです。


今回発表された「5大キーワード」ですが分かりにくいものがありますので

こちらで補足いたします。








①カバーシステムはもう古い?「C・H・Sシステム」

まず、カバーシステムってなに?って方多いかと思いますので・・・

ギアフェスの前イベント「ギアログ」にて参加者が撮影でフィギュアのパッケージに

なれたり、コンバットマガジンの表紙になれるといったバナーですね。



ギアログⅢより


今回用意しているのは、これの「発展型」でして

装備好きならピンとくるシチュエーションな・・・はず。

こちら鋭意制作中です。・・・間に合わなかったらごめんなさい!



②組み合わせて遊べ!「N・V・Fシステム」

これも撮影で組み合わせる「なにか」ですね。

前出の「C・H・Sシステム」と相性抜群・・・なはず。



③自分色に染め上げろ!「陣地掌握システム」

ギアフェスはギアログ同様、ゲーム性を濃く?企画しております。

ギアログで名物となった「航空支援」や「補給物資システム」、ギアログファイナルに

鳴り物入りで登場した「ミサイル防衛システム」などといっしょに

「陣地掌握システム」も導入されることになりました。

はたして、「陣地掌握システム」とは何なのか?

用意が出来次第、当ブログで説明していけたらと思います。



④参加募集部隊に「新カテゴリー」追加!

ギアフェスでは「応募カテゴリー」というのがあります。

ドレスコードというと少し大げさですが、前イベント、ギアログでOKだったカテゴリーは

すべて採用されていると考えていただいて構いません。

例えば

「世界の軍隊・自衛隊(一般・特殊部隊含む)」

アメリカ軍、イギリス軍、オーストラリア軍、ロシア軍、ドイツ軍などなど


「世界のLE(ロー・エンフォースメント)」


「MOHウォーファイター装備」

架空装備だが以下の理由で例外

http://tes.militaryblog.jp/e605243.html


「NO NAME」

ただ単に装備をつけてゲームするのが好きな人が対象のカテゴリー。

「具体的な設定」をしなければならないことからの解放を意味しています。

まだ自信がない装備初心者から軍装はそろそろ飽きた装備上級者まで広くご活用ください。




今までのギアログのカテゴリーになかったものが2つ入る予定です。

そちらも応募開始される11月1日までには公表いたします。



⑤優勝チームには他では絶対に手に入らない「称号」プレゼント

ギアログでは優勝チームにはパッチが贈呈されていましたが

今回は少し違いします。

え?!これ、もらえるの?!・・・と思っていただけたらいいなあ。

ネタバレは次号(11月27日発売)コンバットマガジンにて!




インフォメーションⅡへつづく・・・