スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2019年08月19日

海軍特殊戦開発的CRYE JPC のミリフォト⑤


slayderaider → ttps://www.instagram.com/slayderaider/?hl=ja

最近、DEVGRUの装備テンプレに一石を投じる発言があったりと

なにかと話題?のslayde氏のインスタグラムからの一枚。

右のNJPCの隊員がslayde氏で、左の隊員がノーマルJPC。

ドッグハンドラーなんですかね?

普通に友人のレギュラーSEALなのかもしれません・・・

ただ、インスタ記事中に「兄弟」と表記していますので、同じ部隊、チームという可能性が高いです。







なんで納品がNJPCからJPCに切り替わっているのか?(もしくは両方納品)

というとやはり「フラップ邪魔問題」なのかなあ、と個人的には思います。




前回のブログの「左はしのDEVGRU隊員?」

こちらはNJPCですが、フラップを全部内側に織り込んでしまっていますね。

(織り込んだことによって、正面に縦2インチのベルクロが露出するのが特徴)

NJPCは「フラップ」があるのが、かっこいいんですけどねえ・・・

実を優先する現場の隊員はかっこよさとか関係ないので

ノーマルJPCを選択するのは自然な流れなのかもしれません。






からの




装備好きな、おひとり様、おふたり様、大歓迎!

「ユルゲ」は装備好きな方々とお友達になりたいゲーム企画です。

おひとり様、おふたり様、集まってキテますよ~!

あと2人で定員です

お申し込み詳細 → https://tes.militaryblog.jp/e995625.html








  

Posted by morizo at 01:21Comments(0)

2019年08月17日

海軍特殊戦開発的CRYE JPC のミリフォト④



この画像はニューヨーク空軍州兵の飛行技師である

クリストファー・ラグーゾ氏のヘリコプター墜落事故に関する

記事中の画像の一部分です。

元記事→https://www.airforcetimes.com/news/your-air-force/2018/12/26/master-sgt-chris-raguso-died-in-a-helicopter-crash-in-iraq-heres-why-his-father-thinks-he-didnt-die-in-vain/



ご冥福をお祈りします。






元記事には左右にいる人物のことを「NAVY SEALs」と表記していますね。

ただ、左右の人物のプライマリウェポンを見ると普通のNAVY SEALsではないのは一目瞭然・・・

特に画像右の人物はHK416+ダニエルディフェンスレイル+インフォースライトという比較的新しいDEVGRU仕様。






DEVGRUの416と言われている画像。これに近い仕様になってます。




そしてやはり目につくのが、ノーマルJPC・・・

画像が撮られた時期が2015年ということなので

ここ数年のDEVGRUに関してはノーマルJPCありってことで大丈夫ですかね・・・




それと




うーん、Silynx Clarusに似てる気が・・・・

信じるか信じないかはあなた次第です!








からの



装備好きな、おひとり様、おふたり様、大歓迎!

「ユルゲ」は装備好きな方々とお友達になりたいゲーム企画です。

おひとり様、おふたり様、集まってキテますよ~!

お申し込み詳細 → https://tes.militaryblog.jp/e995625.html





  

Posted by morizo at 18:22Comments(2)

2019年08月16日

海軍特殊戦開発的CRYE JPC のミリフォト③



ひさしぶりのユルゲのために宣伝を・・・と思ってブログ再開したんですけど

お盆休みのせいもあってか、連続で書けてイイかんじ。

ブログは書くクセがつかないと、ほんと書かなくなりますからねえ・・・

10月にはアームズマガジン主催「サバゲ祭」の

装備好きゲーム会ギアレボを今年も任せていただいたので

ブログの方も定期的にアップしていきたい今日このごろ。





トップ画は数年前?海外の掲示板で出回った画像。

その掲示板にはDGEOD(だったような)の表記がありましたが、真偽は不明です。

まず、目に飛び込んでくるのが・・・HK416ですね、いかにもDEVGRUって感じのセットアップです。

?と思ったのはシュアファイアのライトですかね・・・surefire m600(じゃないかも?)にKM2のヘッドを付けてるように見えます。







左上のGPNVGは新しいGEN3モデルですね。







それと一番この画像で驚いたのが左側の壁に吊り下げられてるヘルメットまわり。

OPSCOREのマリタイムAOR1ヘルメットにファーストスピアのヘルメットカバー、

ナイトビジョンぽい黒い物体がNV機能とサーマル機能が融合したAN/PSQ-36、

いわゆるFGS(フュージョン・ゴーグル・システム)なんですね。

既出だったらごめんなさい・・・

※補足 FGS AN/PSQ-36について→https://tes.militaryblog.jp/e518481.html






こうするとわかりやすいですかね・・・





完全に一致














からの




装備好きな、おひとり様、おふたり様、大歓迎!

「ユルゲ」は装備好きな方々とお友達になりたいゲーム企画です。

おひとり様、おふたり様、集まってキテますよ~!

お申し込み詳細 → https://tes.militaryblog.jp/e995625.html






  

Posted by morizo at 02:01Comments(0)

2019年08月15日

海軍特殊戦開発的CRYE JPC のミリフォト②


slayderaider → ttps://www.instagram.com/slayderaider/?hl=ja

海軍特殊部隊を退役したslayde氏のインスタグラムに投稿された一枚の写真。

slayde氏は写真左側の人物ですが、右側のひとがノーマルJPC・・・

GPNVG、アークテリクス系のシャツ、パンツ、GUN GLOVE、クルセイダーっぽい?パッチ・・・

ゴールドなのかサポートなのかDGEODなのか、さっぱりわかりませんがノーマルJPCを着用しているように見えます。

で、興味深いのがサイドにAOR1のポーチを配置する特徴的なセットアップ。








以前、インスタや海外の掲示板で出回ったCCT?と海軍特殊?らしき画像の隊員が

やはり同じマルチカムJPC+サイドAOR1ポーチなセットアップなんですよね・・・

なぜ同じようなセットアップになるのか、詳しい人こっそり教えてください~。








からの




装備好きな、おひとり様、おふたり様、大歓迎!

「ユルゲ」は装備好きな方々とお友達になりたいゲーム企画です。

ユルく楽しみたいひと集まれ~!

お申し込み詳細 → https://tes.militaryblog.jp/e995625.html






  

Posted by morizo at 01:30Comments(2)

2019年08月14日

海軍特殊戦開発的CRYE JPC のミリフォト①


Jeff Samuel
V1DIVE →http://www.v1dive.com/diving-marine-services/about-us/ 


最近仕事ばっかしてて、全然「ミリ活」できていないんですが

ふと、インスタでCRYEのノーマルJPCを着用したDEVGRU(NSWDG)らしき人を見まして・・・

ちょっと前だとDEVGRUはフラップが付いたNJPCが鉄板?でしたが

実物はおろか、レプリカも生産終了していて手に入りにくくなりました。



なので、ノーマルJPCを着用したDEVGRU(NSWDG)らしき人を

これから見つけていきたいと思います~。

ちなみにトップ画の隊員はJeff Samuel氏という方で、退役されて

「V1DIVE」というスキューバダイビングの学校を運営しているそうです。



HPにあった英文の翻訳↓

V1 Diveは、Jeff Samuelによって設立されました。ジェフは、バージニア州バージニアビーチで生まれたハンプトン・ローズ出身です。彼は育ったカトリック学校に通い、セーラム高校に転校して高校教育を修了しました。ジェフは、競争力のある旅行サッカーで育ち、高校の全州チームに選ばれました。高校卒業後、ジェフはバージニア州ニューポートニュースのクリストファーニューポート大学に進み、そこで2年間サッカーを続けました。

1996年12月、ジェフは米国海軍に入隊し、ブートキャンプとラジオマン(RM)学校に通い、その後BUD / Sに出席するためにカリフォルニア州コロナドに出かけました。ジェフはクラス215でBUD / Sを修了し、正式にSEALデリバリービークル(SDV)チーム2のバージニア州リトルクリークに駐留する米海軍のSEALになりました。 SDV2に到着すると、彼は何千ものダイブを完了し、操縦し、SDVやその他の特別なミッションダイブを操縦しました。また、SDV2でジェフはダイビング監督証明書を受け取りました。彼は基本的なスキューバ、クローズドサーキット、混合ガスダイビングを監督することができました。彼はまた、SDVおよびドライデッキシェルター(DDS)の潜水を監督する資格を取得しました。これらの認定と経験により、ジェフは米国海軍で最高の成績を収めました。これは、米軍で最も危険な潜水であるためです。

SDV2で8年間過ごした後、彼はフロリダ州パナマシティビーチのSDV学校に配属されました。複雑なSDVおよび混合ガスダイブの指導と監督をしながら、彼はマスタートレーニングスペシャリストの資格を取得しました。これには、カリキュラムの作成と新しい教育手法の実装の両方が必要でした。

海軍シールになってから10年後の2007年、ジェフは海軍特殊戦開発グループに配属されました。このコマンドは、最高の米軍を必要とする国家ミッション部隊であるため、海軍シールの上位1%のみがこのコマンドに割り当てることができます。 NSWDGに駐在中、ジェフは数百のミッションで9回の戦闘展開を行いました。また、彼はNSWDGに配属されている間、3つの国防作戦で不可欠なオペレーターでした。 2008年、彼はイラクでの戦闘任務で重傷を負い、1か月以上にわたってICUと病院のベッドに着地しました。完全な自己決定で、彼は回復し、チームの次の戦闘展開を行いました。ジェフの勤勉さと実績により、2012年にアフガニスタンで成功した米国人質救助ミッションのチームリーダーに選ばれました。

最後の展開が完了した後、彼はNSWDGの海底コンポーネントを構築しました。このポジションで、彼はNSWDGコンバットダイビングのすべての側面を指揮し、トレーニングの設計と実装、ナビゲーションおよび推進装置の開発、精密戦闘ダイバーの戦術の開発を含めました。





からの





参加締め切り迫る!

お急ぎください~

お申し込みはこちらから→https://tes.militaryblog.jp/e995625.html







  

Posted by morizo at 03:13Comments(0)