2018年01月18日

2018 CRYEの新作



Soldier System より

来週からラスベガスで2018ショットショーが開催されますね~。

この時期になると、いつもいろいろなメーカーの

新作やプロトタイプが見れるので楽しみです。

そんな中、みんな大好きソルジャーシステムでショットショーに先駆けて

CRYE PRECISION の新作がまさかの大公開!

あれ?昨年は事前公開していましたっけ・・・?

今回、G4コンバットシャツ・パンツラインが発表になりましたが

やっぱり、一番目を引くのがトップ画のエアフレックス・インパクト・パットじゃないでしょうか?




ヒザの衝撃吸収が40%アップしているそうです。

仲間内にはこのヘキサ柄が結構不評なんですけど

僕的にはアリですね。なんか恐竜のうろこみたいでいい感じ。

それよか、G4ラインのデザインの簡素化のほうが、う~んと思ってしまいます。

G2のデザインが秀逸すぎて、あれを超えることはできないんじゃないかな?って

個人的には思ったり思わなかったり。


来週には各社新作の全貌が明らかになると思うので

2018ショットショーめちゃ楽しみです。




  

Posted by morizo at 04:20Comments(0)

2018年01月13日

2018




あけましておめでとうございます!(遅

本年もよろしくお願いします。





●今年の抱負


やっぱり近々の目標でもある、4~5月に開催が予定されている

ギアフェス東北の充実した企画サポートをして

東北のイベントを成功に導きたいですね。

東北近県の方々の参加はもちろん、東京や他県の方々も参加したくなるようなギミックを

主催TJ1滝口氏とともに鋭意模索中~







先日、コンバットマガジン連載「サバゲ三等兵」のサバゲ記事にお呼ばれされて

千葉のフィールド、パラドックスさん行ってきました。めちゃくちゃ楽しかったです!

こちらの模様は今月末のコンバットマガジンにて掲載予定となります。

そう・・・今月末発売のコンバットマガジンは「ギアフェス特集」なんですよね。

今年は雑誌系の活動が充実しそうな予感?









MMR-Z新年会・・・的な。一番若手?のショウゴくんが幹事してくれました。

みんなの会話の8割が今月行われますMMR-Z主催ゲーム「ユルゲ」の話。

遊びたかったけど、遊べなかったギアフェスですので、がっつり楽しみたいと思います。

今年は装備もゲームもやるぞー!

「ユルゲ」参加者の方々、なにとぞよろしくお願いします~



※「ユルゲ」とは↓

http://tes.militaryblog.jp/e896431.html

ギアフェス「おひとり様」参加者でメール来ていない方いましたら
左側のブログメッセージよりお手数ですがご連絡ください。








そして・・・







新年早々、MMR-Zイチ、ハイテンションボーイ登場・・・いやな予感。

http://zenkai.militaryblog.jp/e900554.html





  

Posted by morizo at 01:30Comments(0)

2017年12月31日

よいおとしを 【新東京装備BAKA】


12.17ピースメーカー主催でエアソフト

 
2017年も残すところあとわずかとなりましたが、

今年は皆様、本当にありがとうございました!

2017年はイベント(ギアフェス)復活の年ということで

私には忘れられない1年となりました。

来年も「ギアフェス東北」とか「●●●●●●」とか頑張りますので

皆様なにとぞよろしくお願いします。


よいおとしを!






来年1月末に行われる、ギアフェスおひとり様参加者を中心とした

MMR-Z主催ゲーム会「ユルゲ」のご案内をgearlog3@からの

メールにて送信いたしました。ご確認ください。

(当日席移動された方は今回は対象外となります、ご了承ください)




  

Posted by morizo at 16:32Comments(0)

2017年12月24日

ギアフェス2017 アフター (お知らせアリ)


ギアフェスに持って行けなかったMORI-PON LV5


いやー・・・今年の師走はめちゃめちゃ忙しくてブログ書く時間が~(いいわけ

そんな中、ギアフェス2017に参加していただいた

ミリブロガーの方々、ブログの更新ありがとうございます。

ミリブロを通じて自分たちの主催したイベントを客観視することでき、とても勉強になります。



と、いうことで?

ギアフェス2017にまつわることを

アットランダムにつづりたいと思います。

(最後に大切なお知らせあります)





●アームズVSコンバット



左:アームズマガジン 渡辺編集長
右:コンバットマガジン 服部編集長


二大ミリタリー雑誌の編集長どうしがギアフェスで談笑してるという・・・(やらせではない

数年前では考えられないことだそうで、思わず激写してしまいました。

その辺のやりとりは12月27日発売のコンバットマガジン1月号にて

ギアフェス2017の速報として「サバゲ三等兵」に掲載されています。

ちなみに両誌がギアフェス2017を特集していただけるのは

2月号(2018年1月27日発売)ですので、みなさまよろしくお願いします~






●ギアフェス2017反省点

ギアフェス2017を開催するにあたって、運営側として多くの反省点が残りました。

いろいろ聞き込みをして、総じて言えることは

「開催を12月(師走)に設定してしまったため、各自時間が取れず

企画・タイムスケジュールをじっくり吟味することができなかった」
ということです。

次回開催することができるのであれば、出来る限り問題点を解決して

より良いイベントを企画運営できれば、と思っております。







●ギアフェス主催のMMR-Zとは




Morizo・・・「新東京装備BAKA」

Mohoro・・・「タイトルは無い様だ」 http://nothing.militaryblog.jp/

Rico・・・ 「ナイロンが気になる年頃なんです(仮)。」 http://apart.militaryblog.jp/

Zenkai・・・「愉快全快エアガン日記」 http://zenkai.militaryblog.jp/


2010年~2012年は「東京装備ユニット」という名前で

2012年~「MMR」に改名、ギアログ無印を終えた2014年7月ごろから「MMR-Z」として

ギアログ2、Ⅲ(2014)~ギアログテトラ、ギアログファイナル(2015)~ギアフェス2017と

装備好き同好会として活動してまいりました。


基本的にMMR-Zはなにで知り合ったか、というと

いつもお世話になっている、このミリタリーブログで知り合った同好会なんですね。





んん?・・・ギアログ・ギアフェスでなくてはならない、

総合司会のTASK FORCE KZLのtaroybmx氏はというと・・・


http://tfkzl.militaryblog.jp/e560425.html


ギアログ無印で「おひとり様席」だったという事実。





ギアログは「交流」がメインだったはずなのですが

いつしか、ギアログはイベント化し

ギアフェス2017では思っていた「交流」があまりできませんでした。

私、morizoは「おひとり様席」にちょいちょい立ち寄らせていただき、

お話をすることもあったのですが「交流」という部分ではまったくもって

充分ではなかったですね。



そんなわけで?

ギアフェス2017に参加していただいた「おひとり様参加者」に向けて

MMR-Z主催ゲーム交流会「ユルゲ」をご案内したいと思います。

開催は2018年1月下旬、詳細はgearlog3@からのメールにてご確認ください。

用意ができ次第、年内にご連絡いたしますのでなにとぞよろしくお願いします。




  

Posted by morizo at 16:17Comments(0)

2017年12月15日

ギアフェス2017 御礼





ギアフェス2017に参加してくださった皆様、協賛してくださった皆様、

いろいろと気にかけてくださった皆様、そして協力してくれた仲間たち、


本当にありがとうございました!
みんなだいすきです(告白




3年前から始まった「ギアログ」からセルフオマージュをしてみました。

http://tes.militaryblog.jp/e560403.html





関わっていただいたすべての方々に感謝します。

特にギアフェス2017開催の大きなきっかけを作ってくれた

横田氏、ヘンノ氏、久保島氏にはこの場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございました。







●CHSシステム(チヌーク・シート・システム)


ミリブロニュースより http://news.militaryblog.jp/web/GEARFES-2017.html  中央 製作者のTJ1滝口氏



3Dでのラフ原案(morizo制作)


今回の一番の大物だったCHSシステム。

当初、morizoが単独制作する予定(無謀)で考えていたのですが・・・今、考えるとあまりにも無謀すぎる・・・

どうしようかな・・・このまま3DCGで詰めて3Dプリンターで出そうか(無謀)・・・

そんなことを考えてるうちに、ふと「ギアログ東北」の主催のTJ1滝口氏のことを思い出したんです。






2016年開催、ギアログ東北にてTJ1滝口氏製作「動くブラックホーク」



このブラックホークを単独制作したTJ1滝口氏は2016年に開催した暖簾貸イベント

「ギアログ東北」の主催者で私の朋友(戦友?)でもあります。

彼はソッチ系のご職業でして、大きな作り物はバッチリなので

今回のCHSシステムの制作を相談したところ・・・

「morizoのむちゃぶり、キターーーーーーー!」

と、よろこんで?快諾していただきました。

ただし、壁の防寒部分(キルティング)と赤いシート布部分が用意できないとのことだったので

morizoがユザワヤ(布屋さん)でいい感じのキルティングを調達し、

赤いシート布部分を協賛でもあるイロドリミリタリーさんに制作協力していただきました。

ご協力、本当にありがとうございました。





ちなみにこのCHSシステムですが、ギアログ2017では仮お披露目でして・・・

完成度は70%・・・ということは完成度100%を拝めるのが・・・




ミリブロニュース http://news.militaryblog.jp/web/GEARFES-Tohoku-Announcement.html


いろいろお伝えしたいことがあるので

次回に続きます。




  

Posted by morizo at 15:30Comments(0)