2015年02月07日

シール・フューチャー・ファンドその2



ここ最近ずっと「ギアログ企画おじさん化」していたので

やっとのんびり?画像をユルユルと見る今日このごろ。

今日も情報の宝庫「seal future fund」より。



とにかく一発目の印象は・・・マルチカムの彩度の違いすごくないですか?

洗濯や日焼けとかで薄くなったとかのレベルじゃなくて

生地の印刷技術の向上によって色がくっきり出るようになったらしい。

実際、所有している昔と今のマルチカム比較すると明らかに今のほうが彩度が高いです。

それはAOR1,AOR2もいっしょで初期型(ブロック1)と言われているものは

プリントが薄く全体的に白っぽく、後期型(ブロック2)はプリントが濃くはっきりしているんですね。




で、左から三番目の隊員。




Diamondback Tactical Fast Attack Plate Carrier Gen 2・・・ですかね。

黒のポッチが印象的です。



左から四番目の隊員。

CRYE JPCにTYRの7.62用三連マグポーチのような。



あれ、これは全員SEALなんだろうか・・・








ジャケットとタイトルがダサいけど内容がとても充実した一枚。

「ジャッジメントナイト」サントラみたいなことをやりたかったんだと思うけど

コラボアーティストのカテゴリーが細分化されすぎてちょっとわかりづらかった印象。

でもウータンとシステムオブダウンとかシュガーレイ、クレイジータウン、スタティックX、インキュバスなど

当時元気がいい連中が集まってるのでおすすめ。

でもやっぱジャケットとタイトルがが壊滅的にダサい・・・視聴しないと買えなかったなあ。

  
タグ :壊滅的

Posted by morizo at 15:38Comments(2)装備好き