2014年03月28日

SITKA gear Optifade Forest



前回の記事と似ていますが

似て非なる迷彩、SITKA gear Optifade「 フォレスト」です。

2010年にSITKA gearよりリリースされたこの迷彩パターンはハンティングを愛好している人々から

評価が高く、前回紹介した「オープンカントリー」と並んで人気があるそうです。

「オープンカントリー」と比べて黒色と緑色が強く森林に対しての迷彩効果が抜群。

・・・でもこれってハンティング用なのであれば視覚が「白黒」に見えるシカ科の動物には

あんまり関係ないんじゃないですかね・・・

どっちかというと「対人用」に作られたような気がするのは僕だけでしょうか・・・

SITKAは米国の軍事展示会に頻繁に参加していますしね。


SITKA gear Optifade Forest Traverse Zip T


このフォレストとオープンカントリーは

「デジタル迷彩の父」と呼ばれている元軍人のLt・コル・ティム・オニール氏と

「カナダ迷彩開発の革新者」であるガイ・クラーマー氏が開発協力していると言われています。

そういう背景から海軍特殊戦開発グループも愛用していたのかもしれません。




R.I.P Thomas A. Ratzlaff.










何度もライブいったなあ~。大好き。

SUPER HIPEは方向性変わってなんとも・・・だけど。

わかりやすくいえばタレントの上原さ〇らの元ダンナのバンドです。
  

Posted by morizo at 04:06Comments(0)装備好き