2012年11月15日

GPNVGが小さい小さい言われている件について 後編




前回からのつづき・・・



先日このようなニュースが飛び込んでまいりました。

「メダルオブオナー」DEVGRU隊員7名が機密漏洩で処罰

むむむ・・・

メダルオブオナー(以下MOH)の開発に

現役SEAL/DEVGRUの協力があったとは認識していたものの

まさかこんなことになってしまうとは・・・


今回のことでわかったことは

「MOHに出てくる武器装備はプロップでなく本物」の可能性が高いということです。

ゲーム開発の現場では先のブログでも書いた立体スキャニングマシンを用いて

CGに取り込みある程度補正をかけて使用する、ということをよく耳にします。

実際、僕の仕事の現場では立体物をスキャンして大きくしたり小さくしたりして

出力しているところに何度も遭遇しています。


ましてやMOHには現役SEAL/DEVGRU隊員が「実写映像」として

出演しているような場面もあって実際の武器装備を身につけているのかも・・・

その辺を踏まえますとMOHに出てくるGPNVGが現在一番信用できる

サイズだと僕個人的には思っています。




GPNVG正面での検証。

正面では大きく印象が違うかんじでもなさそう・・・






GPNVG待機状態の検証。

ゼロダークサーティーのデカさが目立ちます。

明らかに長い・・・特にレンズ部が他に比べて2倍近くあります。

ただGPNVGっていろんな部位が可動するらしいので

戦闘モードになるとこのくらいになるのかもしれません。






GPNVGその他検証。

実は米国ショットショーなどの見本市に飾られているGPNVGは

モック(模型)の可能性があります。他と比べるとちょっと大きいような、分厚いような・・・

価格が6万5000ドルもするGPNVGが不特定多数があつまる見本市で

触られたり盗まれる可能性が十分ありますしね。





いろいろ検証してみましたが

僕が製作したGPNVGもできるかぎりいいものが仕上がるよう

修正をかけておりただいま鋭意製作中です。



とりあえず今回言いたかったことは

「ジャパニーズガツクッタレプリカソンナニチイサクナイヨ」






今日のi pod 選曲。

出オチ感バリバリですがこのPVっていろいろ版権とってんのかしら。

特に中盤のスター〇ォーズの〇ューバッカやばいでしょう?

ディ〇ニーこわい。
  

Posted by morizo at 19:23Comments(5)製作系